滝谷便りno.12

00.1.20.

月兎庵 庵主 中矢 澄子

二度目の賽の神

 

お元気ですか

今日1月16日。滝谷では一日後れで小正月の賽の神が行われました。ここ滝谷では、邪気を払い一年の家内安全を祈願する火祭り、どんど焼きのことを賽の神と呼んでいます。自称フォトグラファーを名乗っているにも関わらず、去年の賽の神には朝に弱い私は出遅れてしまい、ろくすっぽ満足な写真を撮れないでスゴスゴと帰るはめになってしまいました。今年こそ!!と思い、目覚まし時計代わりとアッシー君役に、めっぽう朝の強い連れ合いと去年一緒に同行したトロンコを誘って出掛けて来ました。滝谷到着。予定時刻ドンピシャリ。

 

村では竹薮から青竹を切り出したり、杉枝を落として、どんど焼きの準備が村外れの雪の原っぱで男衆によって始まろうとしています。先ず青竹を中心に据えて、ワラや杉枝、木っ端を青竹の周りに立てかけ、そこに正月のお飾りも一緒に荒縄で縛るとこんもりとした賽の神ができあがりました。30軒ほどの小さな集落ですから、どんど焼きの準備も30分ほどで終わり、いよいよ火入れ式。

あれっ・・子供の姿が見えません。それもそのはず、村には4・5人の子供しかおりませんから久々の春を思わせるお天気に誘われて親に付いて街に買い物に行ったのでしょうか、それとも日曜日とあって朝寝坊をしているのでしょうか。子供抜きのどんど焼きもちょっと間が抜けた感じですが、爺婆が子供役と言ったところで、それはそれなりに乙なもんです。

さー始まり、始まり。先ずは村の代表を務めている隣家の栗原さんがお神酒を賽の神に注ぎ、神社係りの庄三さんが御幣で御払いをする段取りのはずなのに・・おっと、大の酒好きの栗原さん、後で少しでも多くのお神酒を飲もうと思ってか思わずか、ちょびっとしかお神酒を注がない上に「ここでは柏手を打っていいろかー」。なんて・・・。おいおい、大丈夫神様には、柏手は付きもんよ〜・・・。続いて村一番の照れ屋の庄三さん、もじもじして御払いを省こうとしています。またまた大丈夫かいな・・・と見守っている内に賽の神に火が点けられて、真っ青な青空に向かってスルスルスルっと青竹を伝って炎が舞い上がって行きました。白い煙がかすかな風に乗って天高く昇っていきます。その炎と煙を眺めていると、フーっと子供の頃に浮遊して、元気だった時の父や母の顔が浮かんで来たり、どんど焼きの火であぶった餅やスルメ、蜜柑をほうばっている幼い頃の自分の姿が現れてきました。懐かしい思い出に浸っている、その時、パーンと銃声に似た音がピーンと張り詰めた静寂を破って辺りの山々にこだましました。パンパーン、パチパチ。パンパーン、パチパチ。青竹と杉枝が勢いよく弾けています。「今年も元気でやれよ!!」と言わんばかりに一気に賽の神は威勢良く燃え上がっていきます。賽の神から元気をもらった私はシャッターを切りまくって、アッという間に一本撮り終え、次と思ったら・・ないない・・。あ〜あ、今年もドジ踏んじゃった。そうこうしている内にお神酒が廻って来るワ、餅が焼きあがるワ・・・こうなったら後は去年と同じく食い気に走るのみ・・てへっ・・。

 

どんど焼きの帰り道、新年の挨拶にと阿部じっちゃんの家に行くと「まあ〜、あがんなせや」と座敷に通され薪ストーブを囲んで、しばし談笑。いつもはお茶で済むところ新年とあって奥からビール瓶をぶら下げてやって来た。ヤバイ!なんたってこのじっちゃんも大酒呑みで冬仕度には「朝日山」を100本買いするんです。またまたヤバイ!ヤバイ!!ついに出てきました「朝日山」。ここは連れ合いを人質に、すたこらさっさと行かなくっちゃ・・。頃合いを見計らってトロンコと私は無事脱出。小一時間程して蛸入道のようになった連れ合いが千鳥足で月兎庵に御帰還。

ご苦労様でした。

 

さてさて帰路。先の蛸入道は後部座席ですっかり夢の中。そこで私はトロンコだけを誘い今朝ほどのどんど焼き場に立ち寄りました。去年は賽の神のお賽銭を拾い、多いに御利益に授かったので今年も御利益があります様にと・・。さっそく木っ端の燃え残りを探し、その木っ端で灰の中、雪の中をここ掘れワンワン・・てな調子で探し始め・・・・あった、あった。10円玉、1円玉。「あー、今年も御利益が頂けそー」とほくほくしている私の傍で、「あー、今年もダメだ〜・・」と蚊の鳴くような声。振り向けば、やる気無さそうに小指を立てながら人差し指一本でちょこちょこと燃え後の外の外を穿っているトロンコです。 ここんところ鬱モードに入っている彼女に 「never give up!!」と叫ぶと、「そーよね、そーよね…never

give upよね・・」と相変わらずの蚊の鳴くような声が突如「あったー!!」。

ほーら、泣いたカラスがもう笑ったとはこのこと。ヤレヤレ・・。

その後帰りの車中、何度も何度も「never give up!!」「never give up!!」今日の格言、今年のテーマ「never give up!!」よね・・とお念仏のように唱えている彼女は童女のようでした。ちょっぴりひねてる童女と極楽浄土している連れ合いを乗せ、結局私はアッシー君と相成りました。

皆さんも「never give up!!」でお元気に。では、また。

[前の便り] [Top] [次の便り]

[滝谷便り]