月兎庵田舎暮らし 

 

2015年6月

2015年6月23日(火) 「赤谷にて撮影」

 

 

2015年6月22日(月) 「今シーズン初」

 

 

2015年6月19日(金) 「夏の花たち」

 

 

 

 

2015年6月16日(火) 「展覧会へ」

 

 

2015年6月9日(火) 「このごろ手芸部女子」

 

 

2015年6月3日(水)雨のちくもり 「フィールド悲喜こもごも」

(加治川治水ダム湖への道)

加治川治水ダム湖までの道は例年山開きの6月1日にはオープンしていたのに、今年はまだクローズだ。 「落石の危険」と書いてあるが、関係車両は鍵を開けて入って行く。 キケンじゃないの!?!?と言いたくなる。

ダム湖畔には市民の憩いの場として数億円を使って親水公園が造られているのに、これでは役に立たないばかりか、税金の無駄遣いだ。 多くの市民がダム湖までのドライブを楽しみにしているのだから早くオープンして欲しいし、できれば秘湯「湯の平温泉」へ行く最後の駐車場までオープンして欲しいと願っているのは私だけでないはずだ!

 

(砂防ダムの影響?)

3・4年前に村に2つも砂防ダムが造られた。 亡くなった村のおじいちゃんは、「裏山は100年以上何事も無かったのに何故造るのか?」と言っていた。 その頃、砂防ダム建設の最高責任者をしていた友人に「何故!?」と訊いたら、「今何もなくても100年後に何かあったら・・・」と言っていたが、「100年後にはこの村は廃村になってるよ!」と私は言った。

集落の上手に防火用水の役目担っている堤がある。 砂防ダム建設工事後から年々水位が下がり始めた。 今年雪解けから初めて出掛けてみると、何と!面積は三分の一に減り、そのうち底が見えて来る勢いだ。 この調査何もしないのかな?

 

 

(毛虫に要注意)

今年はやたらに多い! 何か起こるのかな?

(今日一番の喜び)

今日の最大の収穫! モリアオガエルの卵発見!と大喜びしていたら、家に帰ってモニターで大きくして見たら、なんと、産卵シーンだった。(昼の産卵は珍しい)なのに、ワンカットしか撮っていない。ガクッ。
新潟県ではモリアオガエルを準絶滅危惧種に指定している。なのに生息地の調査をしていることなど聞いたことがない。そればかりか生息地を必要のない砂防ダム造成や圃場整備で、あっと言う間に壊してしまう。
今の時期、木の枝に泡のボールのようなものを見つけたら、それはモリアオガエルの卵。田んぼの畦に泡のボールを見つけたら、それはシュレーゲルアオガエルの卵。知っていても一文の得にもならないが、知っていると山歩きが楽しくなるよ。

 

 

2015年6月2日(火)晴れのち曇り 「大収穫」

今日こそは!と庭の草刈りを頑張る覚悟で滝谷に入ってきた。草は伸びていたがまぁまぁセーフ。

夕方近くになってしまったが中々山のTさんのお宅に山椒の実を採りにでかけた。Tさんは世田谷生まれの世田谷育ち。星空で検索をかけたら、たまたま私のサイトにヒットしたそうだ。 そして滝谷周辺に興味が湧き、下見に来て偶然家が売りに出ていたので即購入された。 初めてお会いした時に「定年退職したらこちらに引っ越して来ます!」と言われて、今年から本格的に山暮らしが始まった。 そのTさんの家に大きな山椒の木があり、さっそく奥様と一緒に収穫をした。

今まで熊の出没にヒヤヒヤしながら山で採っていたけど、これからは安心だ。 その上、過疎化が止まらないこの地域に、秋田犬2匹に可愛い洋犬一匹も加わり、一気に賑やかになったのでとても嬉しい!!! 10数年ホームページを更新し続けた甲斐があった。

 

 

 

月兎庵日記 TOP

Home